1. メイン
  2. AVアイドル名鑑
  3. 菅野紗世(かんのさよ)無料サンプル
  4. 菅野紗世AV女優インタビュー

【後編】イッてみたくてAVデビューしちゃったNo.1エステシャン「菅野紗世」ちゃん。待望の初撮影はどうだった?【菅野紗世 新人AV女優インタビュー】

2017.04.25

エッチが目的でAVデビューしちゃった菅野紗世ちゃん。待望の初撮影で無事イケたのか?AVでわかった自分のカラダのこととは?

  • ― 初撮影は初めて尽くし?
  • 菅野紗世(以下、紗世)「そうです。だから、どうなるんだろう~ってドキドキで前日は全く眠れなかったんです。で、当日になったら、凄い大勢の中で、しかも凄い明るい中でするんだ~って分かって不安になって緊張してガッチガチで何も考えられなかったです(笑) 」
  • ― でも、作品の中ではエッチに没頭しているように見えたよ!
  • 紗世「え~、本当ですか!! めちゃめちゃ恥ずかしかったんですけど、人生で初めてイケて、しかも潮も吹けたんですよ~。自分では吹くってことも分からないタイミングで出ちゃって、こんな感じなんだ~ってビックリしました。エッチってこんなに気持ちいいんだって初めて知ったんですよね。 」
  • ― 小学生だったら、付き合うって意味も分からないよね~。で、その時はなんて答えたの?
  • 紗世「ん~、覚えてないかな。自然と一緒にいて、自然と遊んで、自然とセックスしてて。 」
  • ― イッたときのことは覚えてる?
  • 紗世「はい! カメラを向けられているのでもう恥ずかしくって『うわぁ~』って思っていたんですけどイッたときは頭が真っ白になりました! 」
  • ― 男優さんの印象は?
  • 紗世「『これからエッチするんだよ』って言われた時には、イメージがわかなくてぽ~っとしていたんですけど、始まってみたらとっても優しくリードしてくれて、気がついたらわ~って吹いていて。やっぱり上手だな~って思いましたね。初めてのエッチなのに『菅野はここだ~』ってピンポイントが判るらしくて、そこをが~って責められて、初カラミで3回くらいイケちゃったんですよね。 」
  • ― 凄い気持ちよさそうな声が出ていたよね!
  • 紗世「あぁ~、それも心配だったんですね。普段から声が大きいんですけど、撮影ではカワイイ声を出したかったんです~。野獣みたいな声がでちゃったらどうしよう~って。 」
  • ― 乙女だね~。でも、実際は甲高いアニメ声だよね。すっごく可愛かったよ!
  • 紗世「あはは…ぶりっこしてると思われたかな? 」
  • ― え~? ぶりっこしてる余裕なんてあった?
  • 紗世「いいえ、ないです。でも、自分の声をちゃんと聞いたことがないので不安なんですよ。サンプル動画を観たんですけど、音声は消して見たので。だって、恥ずかしい~。 」
  • ― イッた後の顔、幸せそうだよね~。実際どうだった?
  • 紗世「本当に幸せそうな顔してますね、私。実際はもう本当に気持ちよすぎて、頭の中がぽわ~んとなってました。ちょっと眠いな~って思ってとろ~んとなってましたね。 」
  • ― デビュー作の中身も盛りだくさんだよね。初カラミの後、連続絶頂セックスがあって、さらにお店でのエステのテクニックも披露しているんだね。これは実際のプレイ内容?
  • 紗世「撮影なので全く同じではないんですけど、ほぼこんな感じです。でも、このシーンはあまりに緊張しすぎて頭が真っ白で何をやったのかよく覚えてないですよ。『あ、間違えたぁ~』って言ったことだけは覚えてますけど。なので、マッサージシーンは2作目から期待してください(笑) 」
  • ― 印象に残っている体験は?
  • 紗世「玩具ですね。初めて電マを使ったんですけど、気持ちいいんですね~。ローターも使ったんですけど、電マの方が好きでした。感じすぎてトビウオみたいにピョンピョン跳ねてると思います~。 」
  • ― 体が物凄くちっちゃいから、ゴツイ電マで責められたら全身びりびりしそう~。感度は良い方?
  • 紗世「自分でもきづかなかったんですけど、本当は良すぎちゃうみたいです。一度イクとイキやすくなるみたいで、ず~っと足がピクピクしっぱなしでした。しかも、感じたらエビ反りしちゃうんです、勝手に(笑) 」
  • ― これまでここまで感じたことはなかった?
  • 紗世「ないですよ~。だから、自分で一番驚いているんです。潮も一回吹いたら吹きやすくなるみたいで何度も何度も吹いちゃって、これ以上吹いたら全身の水分なくなっちゃうんじゃないかと驚きました~。まさか、自分がこんなにイキやすかったなんて想像もしてなかったし、イケなかったらどうしようって不安で仕方なかったくらいなのに~。 」
  • ― 自分の体が実はエロ体質だったと気づいて、どう思った?
  • 紗世「新しい自分に出会えたな~って思いました。これまで恥ずかしさもあってイケなかったんだと思うんですけど、初撮影で何度もイカせて貰って、知らなかった新しい扉を開いたような心境です。 」
  • ― 他にも何か発見はあった?
  • 紗世「見られることが恥ずかしいんですけど、それが『あれ? 悪くないかも!?』って思ったんですよ。やっぱり、私って変態なのかなって(笑) 」
  • ― 見られていることすら興奮材料になったということは、これから紗世ちゃんのエッチな姿を数え切れない人に見られることを想像したら、もうたまらないのでは?(笑)
  • 紗世「えへへ…緊張するけど、楽しみでもありますね…ちょっと興奮するかも。私ってそういう性癖を持っていたんですね(笑) 」
  • ― 今後、挑戦したいことはある?
  • 紗世「極限までイキたいですね~。初撮影の日は、本当に気持ちよく何度もイケたので帰る頃には逆にスッキリしちゃって、スタッフさんにも『なんで紗世ちゃん、スッキリしてるの~』って笑われちゃって。 」
  • ― 男性だったら、風俗の帰りみたいな?
  • 紗世「そうです~。誰が見ても元気だって思ったみたいですね。実際、すっごく清々しい気分で、その夜は本当にぐっすり眠れましたからね~。 」
  • ― では、思いきってAVデビューしてよかった?
  • 紗世「はい。最初は不安でしたけど、できるんだな~って思いましたね。 」
  • ― これから、やってみたいプレイはある?
  • 紗世「コスプレですね。ポリスとCAさんをやりたいですね~。背が低いんですけど、可愛くって綺麗なお姉さん系の役に憧れているんです。今はまだ責められたいですけど、もう少しテクニックが身について来たら、責めてみたいですね~。 」
  • ― 責めたことはある?
  • 紗世「プライベートのエッチではないですけど、お店ではありますね。最近、私、Sになってきたのかもって思うんです。ドMのお客さんが喘いでいるのを見ると『悪くないな~フフッ』って思うんですよ。それまで、ドMの男性なんてお会いしたことがなかったので、自分にSっぽいところがあるなんて思ったこともなかったんですけど、反応してる男性って面白いな~って思いますし、責めてる自分もいいな~って思ったんですよ。だから、もっとテクニックを身につけたいです! 」
  • ― どんな反応が興奮する?
  • 紗世「女の子みたいな声で喘ぐ男性に興奮しますね~。でも、まだフェラがあまり得意ではないので、もっともっと身に着けたいです。 」
  • ― AV女優としての目標は?
  • 紗世「近い目標で言えば、もっとエロくなりたいです。可愛いね、綺麗だねって言われるより、セクシーだねって言われたいんです。身長が低いので、色気があって気品のある大人に見られたいなって思いが強いんですよ。芸能人で言ったら壇れいさんのような。大きな目標だと、有名になりたいです。テレビのバラエティ番組に出たり、海外でもお仕事したいです。今は大きすぎる目標かもしれませんけど、いつか叶えたいです! 」
  • 【意外な素顔が丸判り!?もしも〇〇だったら?】
  • ― もしも、男の子になれるとしたら何をしたい?
  • 紗世「風俗に行きたいです。そしてネット指名をしてみたいです。いっぱいの女の子の中から、男の人はどうやって指名する子を選んでいるんだろうな~って不思議だったので、自分でその気持ちを味わってみたいんです(笑) 」
  • ― ちなみにどんな風俗に行きたいの?
  • 紗世「ちょっとお高めのところにいきたいですね~。男の人になれたら絶対やってみたいって前から思ってたんですよね。で、しっかり射精も味わいます(笑) 」
  • ― もしも、タイムマシンがあったらどの時代にいきたい?
  • 紗世「江戸時代! 着物を着て日本髪を結って、棒の端っこに荷物をつけて運ぶのってあるじゃないですか? それを担いでみたいです~。 」
  • ― それって江戸時代の魚屋さんが担いでる天秤棒だよね。お姫様やカワイイ町娘ではなく、商人になりたいの?
  • 紗世「えへへ…だって楽しそうじゃないですか~! あとね、囲炉裏で火を焚いて料理をしてみたいです。お料理が好きなんです(笑) 」
  • ― もしも、来世に好きなものに生まれ変われるとしたら何になりたい?
  • 紗世「水族館の魚。キレイじゃないですか~。水の中をすいすい泳いでみたいし、えら呼吸も体験してみたいし、水族館って天敵がいないから食べられちゃう心配もないし。それに、みんなが「キレイだね~」って見てくれるし最高(笑) 」
  • ― もしも、身近なものを擬人化できる能力があったら、何を彼氏にしたい?
  • 紗世「洋服かな~。常に肌に身に着けているものだし、毎日一緒だし。私、甘えん坊なのでいつもくっついていたいんです~。どんな服でもいいんですけど、萌え袖になるのがいいなぁ。あったかいし! 」
  • ― もしも、宝くじで一等が当たったら何をしたい?
  • 紗世「10億円ですよね~。仕事やめようかな~、あはは。でもね、老後のために貯金はしたいですね。で、残りのお金でマンションを買います。住みやすいように家具にもこだわって快適なおうちに住みたいです。持ち家は大事です(笑) 」
  • ― もしも、明日で地球が滅亡してしまうとしたら、今、何をしたい?
  • 紗世「焼肉を食べる! 私、お肉とかジャンクフードとかカロリーが高いものが好きなんですよ。すごくいっぱい食べるんですけど、消化が良いのですぐにお腹がすいちゃうんです。多分、カラダが小さいので無意識にピョンピョン動いてるんでしょうね。 」
  • ― 最後に、読者さんにメッセージをどうぞ!
  • 紗世「デビュー作は凄い緊張しちゃったんですけど、新しい私が開花された作品だと思います。エビ反りしたり、体がビクビクしていたり、見どころもたくさんありますので、ぜひ観てください! 」
  • (取材・文=文月みほ)